人の身体から出る汗の種類 〜成分・臭い・ベタつきの違いについて〜

人の身体から出る汗の種類 〜成分・臭い・ベタつきの違いについて〜

暑くなってくるとそんなに汗かきでもない人でも汗が出ます。これは人間の生理現象でごく普通のこと、当たり前のことです。
しかし、どの汗もみんな同じだと思ってはいませんか?
人の身体から出る汗には大きく2種類があります。

 

水分・汗という大きな意味では同じですが、汗の成分が異なることで臭いやベタつきも変わります。
ここでは人の体から出る2つの汗について紹介しています。

 

エクリン腺から出る汗

脇の下や股間周辺などの場所以外の、一般的な場所に分布している汗腺はこのエクリン腺になります。
全身に300万個ほど分布されている汗腺ですが、特に手のひらや足の裏などに集中しています。
ちょっとしたきっかけで手や足が汗ばんでしまうのはそのためなのですね。
ここから出る汗は99%以上が水分で構成されていて、無色無臭です。つまりエクリン腺から出る汗は特別嫌な臭いを放つものではありません。

 

アポクリン腺から出る汗

アポクリン汗腺は、身体のごく一部、限られた部分にしか分布されていない汗腺です。
脇の下や股間周辺、へそ、乳輪、耳の穴などに分布されています。
アポクリン腺からの汗には水分のほか、脂肪酸などが含まれていて、汗腺周辺の雑菌と触れ合うことによって汗が分解されて鼻をつく強烈な臭いを発生させます。この状態を腋臭(わきが)と言います。

 

 

エクリン腺から分泌された汗も、周辺の雑菌に接触し、雑菌が繁殖するようになると若干、汗の嫌な臭いを感じることがありますが、アポクリン腺から出た汗に比べて臭いが気にならないのは、同じ汗でも、出る汗腺によって汗の成分が違うことが関係しています。汗の成分が分解される際に嫌な臭いを発生させるかどうかによって臭いの種類は違ってきます。

 

汗の種類が違っても、汗腺周辺の雑菌と接触すると、汗を分解したり、汗によって雑菌が増殖したりして臭いを感じます。
汗をかいても臭いを気にしないようにするためには、常に汗をかきやすい部分を清潔に保つと同時に、汗をかいてもすぐふき取るなどのこまめな肌ケア対策が必要になります。

 

また異常な汗かき(主に多汗症)の場合には、汗が出る原因をよく知った上でなるべく汗が少なくなるような工夫をしてみることも大切です。