脇の下の臭いや腋臭(わきが)の臭いを手術なしで軽減させるには?

脇の下の臭いや腋臭(わきが)の臭いを手術なしで軽減させるには?

脇の下に多く汗をかく人の場合、脇の下の臭いというのは非常に気になるものです。
特に夏場は半そでなどを着る機会も多く、電車などに乗ってつり革などにつかまると、それだけで臭っていないかが気になってしまうものです。
脇の下の臭いが気になって外に出るのも億劫という人も少なくありません。

 

脇の下の臭いは、脇に多く分布しているアポクリン腺という汗腺から出る汗が影響しています。
通常のからだ中に分布されている汗腺のエクリン腺から出る汗が99%ほとんどが水分でできているのに対し、アポクリン腺から出る汗は水分のほか、脂肪やタンパク質、糖質、鉄分、色素、尿素、アンモニアなどが含まれているため、乳白色で粘り気があり、さらに、周辺の雑菌と接触することで分解されると独特な臭いを発生させます。

 

では脇の下の臭いを軽減させる方法はあるのでしょうか。
腋臭(わきが)に悩む人たちが病院へ行って治療を行なうとなると、外科的な治療法が主流です。
しかし、ちょっとした対策で脇の下の臭いを軽減させることはできます。

 

脇の下を常に清潔に保つ

夏場は特に汗も多く出るので、脇の下も蒸れてしまいがちです。
蒸れた状態というのは雑菌の温床となり繁殖しやすく、臭いの原因にもなりやすいため、脇の下はこまめに汗をふき取るなどのお手入れを心がけましょう。
脇の下の雑菌の繁殖を避けるために、ミョウバン水他殺菌効果のあるスプレーなどを吹きつけておくのも効果的です。

 

食生活の改善

脂っこいものを多く摂りすぎると、汗の脂肪分も多くなります。
油分が少なく、ビタミンなどが豊富な食生活に切り替えることで、脇の汗の臭いを軽くすることができます。

 

適度な運動などによって汗をさらさらにする

汗をかかない生活に慣れてしまうと、べたべたな汗をかきやすくなり、雑菌が繁殖しやすくなります。
適度な運動を続けることで健康的な汗をかくようになり、汗の臭いも軽くなるほか、ストレス解消となり、アポクリン汗腺の働きを抑えることにもつながります。

 

衣類に注意

脇汗が染みてしまう場所が、通気性の悪い素材の服だと、かいた汗が服の中にたまり、雑菌を繁殖させ臭いを強くしてしまうことがあります。
脇の下は天然の通気性の良い素材を使った服を選ぶのも臭いを軽減させるコツです。
それでも染みや臭いが気になる人は脇汗パッドなどを活用すると効果的です。