脇汗を抑える薬ランキング!効果強い薬を徹底比較!

脇汗はなぜ流れるのか?脇汗の原因について

人間は常に汗をかいています。

 

通常は日常気にならない程度で終わってしまうものなのですが、その汗が服を汚してしまうほど大量だったり、臭いが強烈だったり、着ている服に汗ジミができてしまったりすると何らかの対策を取る必要が出てくることもあります。

 

何らかの対策を取ろうと考えた場合、一番効果的なのは自分の脇汗の原因をしっかりと把握しておくことです。
自分の脇汗の原因を把握しておくことによって、原因に応じた対策を立てることができ、より効果的に脇汗の悩みを軽減させることができるようになるものです。

 

ここでは脇汗の原因に迫ります。脇汗の原因といわれるものには次のようなものが挙げられます。

 

ストレスや緊張などによる精神性発汗

過度にストレスが加わると、人間はストレスを解消させるために男性ホルモンや副腎皮質ホルモン、アドレナリンなどを大量に放出します。
これが汗の中の皮脂の分泌を促進させるため、汗の臭いの原因となっています。

 

気にしすぎてしまっている

ほとんど臭いを感じないにもかかわらず、自分の脇の下の臭いが気になるという人は驚くほど多いです。
特に他の人との和合を気にする日本人はこういった体からの臭いなどに敏感すぎることから起こると考えられますが、この、気にしすぎがストレスとなって、余計に脇汗をかいたり、臭いをキツくすることもあるので注意が必要です。

 

肥満・太り過ぎ

汗は基本的に体温調節の機能を果たす役割を持っていますが、肥満によって体内に蓄えられた脂肪などが体温調節の邪魔をして、汗を異常にかいてしまうことがあると言われています。
また、体重が多いため基礎代謝量が非常に大きくなり、黙っていても汗が出る。そんなことも考えられます。

 

刺激の強い食品や脂っこい食事が好き

刺激の強い食品は刺激を逃すために発汗を促します。
また、脂っこい食事は発汗量を増やす肥満の原因となるだけでなく、汗の中の脂肪の成分を増やします。
こういった食事が続けば汗も量も多くなり、汗の臭いもキツくなってしまいます。

 

更年期障害などホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの一種であるエストロゲンがバランスを崩すと発汗を増やす働きが見られることがわかっています。
こういったホルモンのバランスの乱れなどによっても脇汗が酷くなったり、臭いがキツくなったりする場合もあります。

 

多汗症を併発する病気

病気によって汗が酷くなることもあります。
甲状腺機能亢進症(バセドー病)や成長ホルモンが過剰に分泌される先端肥大症、褐色細胞腫、糖尿病などの病気は病気のメカニズムから発汗を促進する恐れがあります。
こういった病気とわかった場合には、汗の対策より病気の治療が優先となります。

 

 

こういった原因から脇汗が酷くなったり、脇汗の臭いがキツく感じられたりすることがあります。
自分の脇汗は何が原因なのか?そこを覚えておくと適切な対策が見えてきます。