脇汗対策のために脱毛・剃毛したら汗も臭いも酷くなった!そう感じてしまう理由

脇毛を脱毛・剃毛したら汗も臭いも酷くなった!なんで?

脇の下の臭いは、脇に分布されたエクリン腺やアポクリン腺から出る汗と汗の成分を分解する雑菌の繁殖によるものが原因です。

 

脇の下には脇毛が生えており、いくら綺麗にしようとしても脇毛が邪魔をしてなかなか手入れができないことがあります。そこで、脇毛を処理してしまい清潔に保てば、少しは汗や臭いが治まるのではないかと考える人も多いです。

 

しかし、脇毛を処理した人の多くが脇毛を処理する前より汗や臭いが気になっていることもわかってきています。

 

ではなぜ、雑菌の温床となる脇毛をなくしたのに汗や汗の臭いが酷く感じるようになってしまうのか。その点について見ていきましょう。

 

脱毛・剃毛後に汗・臭いが増えたと感じる原因

脱毛後はその毛穴からも汗が出る

脱毛すると今まで脇毛で塞がれていた汗腺が開放されるため、今まで以上に汗をかくようになったと感じる場合があります。その結果脱毛前より汗が多くなったと感じる人も多いようです。

 

汗の量が多くなると、今まで抑えることができていた制汗剤が汗で流れてしまい、効果がなくなってしまうこともあります。こういった場合は制汗剤をスプレータイプではなく、汗の気になる場所に直接塗れるロールオンタイプやクリームタイプのものに変えると効果的です。

 

脱毛・剃毛すれば臭いが軽減されるのではないかという過度な期待

脇の臭いやワキガに悩んでいる人の中には、脱毛や剃毛を行うことで脇毛がなくなると雑菌の繁殖が少なくなり脇の臭いも軽減するはず!という過剰な期待を抱いている人も多いです。

 

たしかに脇毛は脇の臭いをこもらせたり、雑菌の繁殖を促すため、除毛することは効果的ですが臭いをすべて抑えるものではありません。

 

期待したのに思ったほど効果がないとかえって心理的に臭いもキツく感じてしまうのはよくあることです。期待はしてもいいですが、期待しすぎるのもあまり良いことではないかもしれません。使った結果が事実です。

 

脱毛後の毛穴の詰まり

脱毛・剃毛した後の毛穴に、皮脂や古い角質などが詰まってしまい、それが酸化することで臭いがキツくなる場合があります。

 

こういった場合には毛穴から詰まった角質や皮脂を除去すれば臭いは軽減しますが、勝手に自己判断でやってしまうと、脇の下の皮膚や毛穴などを傷つけてしまう場合があります。こまめに清潔な状態を保てるようにするのが一番ですが、黒ずみなどが気になりだしたら皮膚科などで毛穴を開く処置をしてくれますので皮膚科を受診してみると良いでしょう。

 

まとめ

脇の脱毛・剃毛は特に女性なら一番気にするところだと思います。脇汗がどうこう言う前に脇毛を生やしておくことなんてできません。

 

また、脇の脱毛・剃毛は脇汗や臭い対策として効果的ではありますが、それ以上にケアが大切だということです。
脇の汗、臭い、ワキガの臭い軽減のために行った除毛で、かえって汗や臭いがキツくならないようにするためには、脱毛後の心身的なケアも肝心です。