脇汗を防ぐ制汗・殺菌・消臭効果のある成分一覧

気になる脇汗の量・臭いに効く!制汗・殺菌・消臭効果のある成分

脇汗が気になってしまい、人が多くいる場所や人ごみが億劫になると悩んでいる人は多いです。
脇から出る汗の量が多いと、服は脇の下だけがビショビショになってしまったり、半袖を着ていても腕、体に汗が流れ出るのが気になってしまったり、臭っている臭っていないは別にしても脇の臭いが気になったり……とてもストレスが溜まります。

 

中には脇汗が酷いあまり外出できなくなってしまったという人も少なくはありません。
病院へ行けば治療方法はありますが、外科的な治療が多く、料金や時間もかかる上、高いお金をかけても完治せず、繰り返し治療を受けなくてはならないことも多いです。

 

そこで多くの場合、制汗剤や薬に頼ることになるのですが、ここでは汗の量・臭いを防ぐ効果のある制汗・デオドラント成分について紹介していきます。

 

汗の量を抑える制汗効果のある成分

クロルヒドロキシアルミニウム

塩化アルミニウムの一種で、汗腺を塞いでしまうことで汗を止める成分です。
多くの制汗剤に用いられていますが効果の程度には個人差があり、また、使用すると肌がかぶれるなどの症状が出ることがありますので、最初は低い濃度から使用してみることをお勧めします。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

制汗剤の2大成分のひとつとも言われ、多くの制汗剤に用いられています。
収れん作用で汗腺の出口を変性させ汗の分泌を抑える働きをするほか、殺菌効果もある成分です。

 

ミョウバン

収れん作用で汗を抑える効果があるほか、殺菌消臭効果もあります。
食品添加物として使用されている成分でもあるため、人体に害はなく安心して使うことができますが、効果は他の成分に比べると若干弱めです。
「天然アルム石」というものも制汗剤でよく見かけますが、これもミョウバンが主成分です。

 

 

 

いずれの成分も肌のタンパク質を変質させる収れん作用によって汗の出口である汗腺を変性させて塞ぐことによって汗を止めるという働きがあります。

 

効果の現れ方は人によって個人差が大きいので、自分にあった制汗剤が見つかるまで色々試してみるといいでしょう。

 

色々試してみる場合は、次から次へと変えるのではなく、しばらく使ったら少し時期をあけて次を試すようにしてください。使いすぎると肌荒れなど肌トラブルの原因になってしまいますので気を付けてください。

脇汗の臭いの発生を抑える殺菌効果のある成分

ベンザルコニウム塩化物

強力な消毒薬として様々なものに用いられています。
その効果は高く、病院の看護師や医師の手指の消毒などにも用いられます。

 

イソプロピルメチルフェノール

殺菌抗菌剤として用いられる成分です。
にきび用化粧品などに多く用いられており、殺菌効果が強くアレルギーを引き起こす可能性もあるので使用は慎重に。

 

トリクロサン

殺菌や抗菌力が高い成分で石鹸やシャンプーなど多くのものに用いられている成分です。

 

トリクロカルバン

大腸菌やブドウ球菌などに顕著な効果を示すとして、一般的な薬用石鹸などにも広く用いられている成分です。

 

フェノキセトール

優れた殺菌効果のほかに保湿効果、鎮静作用、低刺激性などを併せ持った成分で、近年注目を浴びている殺菌成分です。

 

ミョウバン

詳しいメカニズムはわからないものの、昔から制汗作用や殺菌力が注目されている成分です。
他の殺菌成分は副作用も強い中、ミョウバンは食品添加物の一種であり、作用は穏やかとされています。

 

アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート

塩化アルミニウムの一種で、殺菌、抗菌作用のほか、皮膚や粘膜の組織を修復させる働きがあります。

 

 

 

細かなものまで挙げればまだまだ他にも様々な殺菌効果のある成分はありますが、以上が脇汗対策に用いられる代表的な成分になります。

 

特に夏場になると肌の露出も増え、気になり出すのが汗の臭いです。半袖で脇の下が開放され、汗もかきやすい季節で、脇汗で悩んでいる人にとっては一番嫌な季節でもあります。脇汗の臭いは、脇の下でかいた汗が雑菌と結びつくことによって、汗の成分の脂肪分やタンパク質などを分解してしまうことにあります。
そのため、脇の下の雑菌をなくすことで脇汗の臭いを軽減させようと考えられたのが殺菌作用のある成分入りのデオドラントです。

脇の臭いを消す消臭効果のある成分

柿渋エキス

柿渋エキスの中に含まれている柿タンニンと言う成分には、防腐、防臭効果があることがわかり、臭いの気になる人のための石鹸などにも多く用いられています。
元々柿に含まれている成分のため、成分自体は人体に害もなく安心して使用できます。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

殺菌成分のほかに消臭成分も持ち合わせている優れもので、効果が高いと言われているデオドラントや制汗剤に使用されていることが多いです。

 

銀イオン

殺菌効果で脇汗の臭いを消します。
銀イオンを前面に押し出して販売している制汗剤もあります。

 

緑茶エキス

緑茶の中に含まれるカテキンやタンニンに殺菌作用があり、菌と交わることで発生する臭いを防ぐことができます。近年ではデオドラント商品だけでなく、衣類の消臭剤などにも多く用いられるようになっています。

 

重曹

古くから日本で用いられてきた食品添加物です。
洗浄効果も強く、様々な用途に用いられていますが、その中の臭いと反応して悪臭を消す効果を利用して消臭成分として使われている商品もあります。

 

 

 

脇汗が気になる人の多くは汗の量とともに臭いも気にされる方が多いです。
いくら制汗剤を使って、汗は抑えることはできても、目に見えない臭いが気になってしまう。殺菌効果の強いデオドラント商品を使ってみたものの、なかなか臭いが消えない。

 

そういった人は殺菌で臭いを軽減させるという間接的な方法ではなく、消臭効果のある成分で直接的に臭いを軽減させる手段もあります。

 

上で紹介した成分の臭いを消すメカニズムは違っても、様々な方向から脇汗の臭いを消す効果が含まれた成分が配合されたデオドラントがたくさんあります。
自分にあった商品を見つけてみてください。

まとめ

ここで紹介した制汗・殺菌・消臭成分がバランスよく配合された制汗剤を選んだり、あなたの悩みにあった成分が配合された商品を選ぶことで期待した効果が得られやすくなります。

 

制汗剤とデオドラントはそもそも違う目的で作られていることも多いのであなた自身が汗の量を抑えたいのか?それとも臭いを抑えたいのか?ここを明確にして、あなたにあった最適なものを選んでください。

 

脇汗を抑える薬ランキング!効果強い薬を徹底比較!